ネットショッピング大好き

ネットショッピングの大好きなあなたに 旬な情報をお届けします

カテゴリ: ファッション



あなたはレディエアって 知ってますか?

AカップがCカップに!

胸がどんなに小さくても、エアポンプを押すだけで、バストサイズを自由自在にコントロール!

バストアップの常識を覆す新しいブラ「レディエア」

胸がどんなに小さくても、エアポンプを押すだけで、

バストの大きさを自由自在に調節可能に!

女性の見た目印象を決めるバストボリュームやシルエットを、

その日の気分や服に合せてコントロールできる、画期的な次世代ブラです。

胸が小さい事がコンプレックス、女性としての自信がない、

どんな服でもキレイに着こなしたい♪

レディエアはそんな女性の夢を全て実現します!


  谷間メイクもパッドはもういらない!バストアップブラ『レディエア』!


自分好みのバストボリュームをエアポンプでコントロール♪

「レディエア」は、ブラの中に一体化されたエアポンプを押していくたびに、

エアクッションに空気が入っていく特殊構造です。

大きさが変わらない、重たい、きつい、など

パット付きブラにまつわる悩みを全て解決すべく、

エアパット以外にも機能のディテールにこだわり、

機能性とつけ心地の良さ、どちらも妥協せずに開発した商品です。

パットは空気で厚みが出るので、どんなに膨らんで大きくなっても非常に軽く、快適です。

また、ワイヤレスなので痛みもなく、ストレスフリー。

カップ部分は吸汗速乾のメッシュ素材で通気性も抜群です。

エアクッションはコットンで肌に優しく、柔らかい素材。

またバンド部は伸縮性がいいパワーネットで、動きやすく締め付け感を感じません。

ストラップには滑り止め防止加工が施され、
背中はU型デザインで肉割れの凸凹がスッキリ見えるように設計されています。

そのほか、脇肉をしっかりキャッチするサイドボーンと上下にズレが生じない、

クッション設計とアンダーバーで締め付け感なく、しっかりホールド。

太っても痩せても着用できるよう、4段階の調節ベルト付きのホックに、更に4段階調節可能なベルトが付属。

キレイに作ったボリュームバストを一日中崩さず、ずっと快適にキープできます


自分好みのバストボリュームをエアポンプでコントロール「レディエア」





i-SOOK(アイスー)は韓国人ディレクターsookが2012年に東京で立ち上げた人気ファッションブランドです。

20代~30代の感度の高い女性が楽しめるブランドで、モノトーンを中心にベーシックなデイリークローズから
エッジの効いたアジアンモードスタイルを提案しています。

撮影は毎回、ブランド独自で韓国ロケを中心に行っていて、見てるだけでも楽しめる着用画像が
豊富に掲載されているので、着用シーンをイメージしながらショッピングをお楽しみいただけます。

新規会員登録で300円分のポイントをプレゼント中、8,400円以上のご注文で送料無料!

有名人、著名人、モデル、読者モデル、ブロガーに愛用者が多く、特にカジュアルモード派の大人の女性から
絶大な指示を得ております。


━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
有名人、著名人、モデル、読者モデル、ブロガーに愛用者多数!
20代〜30代の感度の高い女性に向けて、モノトーンを中心にベーシックな
デイリークローズからエッジの効いたモードスタイルを提案しています。

i-SOOK(アイスー)公式オンラインストア

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━







shutterstock_124584727_ 

何気なく街を歩いている時にも、道行く人のファッションチェックをしてしまうという人は少なくありませんよね。
すると、時々気になるファッションの人を見かけませんか?

「どう見てもアラサーなのに、そのファッションでいいの…?」

客観的に見て「痛い」と思われてしまうアラサーファッションを、実例を挙げて検証してみたいと思います。

アラサー女子のファッション事情

なぜ「痛い」と思われてしまうファッションに陥ったのか。その原因を、アラサー女子の心理から分析してみました。

オシャレ欲求は20代のまま

筆者自身が、アラサー女子として常々実感していることが「アラサーのファッションって難しい」です。

オシャレをしたい気持ちは20代と変わらないわけで、流行のアイテムにも興味津々です。
しかし、十代や20代前半の女の子に流行しているアイテムを追おうとすると、「これって大人げない…?」と我に返ります。

流行のオシャレはしたい、けれど、「大人の女性にふさわしいのか?」と、一度客観視する余裕を持つ必要があるのかもしれません。

大人らしく、でも若く

アラサーという世代は、「大人の女性らしくいたい」という自覚を持っています。
しかし、それと同時に、ほんの数年前まで持っていた、「若さ」にも強く未練を持っています。

「落ち着いた女性として見られたい」という気持ちと、「実年齢よりも若く見られたい」という、一見矛盾した二つの欲求を同時に抱いているのです。

このように、アラサー女子の内面は複雑で、それはファッションの選択にも常に大きく影響を与えます。

では、ここから痛いファッションの具体例と、回避術を探っていきましょう。

1.大学生ファッション

アラサーファッションで「痛い」と思われるもっとも多いパターンが、この「大学生の頃から着ている服が同じ」ではないでしょうか。

御用達ブランドは学生の頃のまま

このパターンの痛いと思われる代表例として、甘め女子大生風が挙げられます。

ショート丈のキャメル色コートに、ふんわりとしたラインのミニスカート、足首丈靴下にパンプスというような、近頃で言う「量産型女子」の典型です。

リアル女子大生が着れば、さすが量産型、当然可愛らしいですが、アラサー女子が真剣に着ていると、やはりどうしても白い目で見られてしまいそうです。

また、こういったぶりっ子路線でなければよい、というわけでもなく、ハードな印象のギャル系女子大生ファッションも要注意です。

肌見せで抜け感を…と狙って、超ショート丈トップスでお腹を見せたり、ショートパンツを生脚で、といった「ギャルっぽい肌見せ」に走ると、傍目には痛いですよね。

アラサー向けのブランドなのか

ブランドはそれぞれ、ターゲットにする世代を設定して服をデザインしています。

つまり、学生時代の頃と、アラサー世代になった今同じブランドを着ていたら、ブランドがターゲットにしている世代から十中八九ずれてしまっているのです。


御用達のブランドがどの世代をターゲットにしているのかピンとこない場合は、そのブランドが取り上げられたり、テイストの似た服が掲載されている雑誌をチェックしましょう。

ファッション雑誌はターゲットにしている世代を明らかにしているので、良い指標になります。

2.とにかく地味

服だけが若いパターン1とは反対に、服が老け込みすぎているのも、アラサーの女盛りの魅力を半減させます。

ファッションのせいで+15歳

着る色はグレー、ベージュ、ブラウン。コーディネートは毎日、無地のカットソー、シンプルなカーディガン、レギンスパンツ、それぞれベーシックカラーをローテーション。

良く言えばシンプル、率直に言えば「ものすごく地味」です。

決して安いものを着ているとは限りません。ひとつひとつはきちんとしたメーカーの品物であることも多いです。しかし、オシャレとは言い難い圧倒的な「地味さ」。

若作りをしているのとは違い「きちんと感」はあるので、周りから反感や嘲笑はされないかもしれません。
しかし、同世代の女友達から、影で「すごく老け込んだ」と言われてしまうタイプです。

大人の自覚か、怠惰か

アラサー女子がおちいる地味ファッションの原因も、パターン1とは逆で、自分の年齢を意識し過ぎているということが考えられます。

20代の頃とは違う、大人の女性にふさわしいファッションを。そういった気持ちでショッピングしている結果、ベーシックなカラーの服がどんどん集まっていき、気付くとクローゼットが暗い色ばかりになっているのです。

また、ファッションを楽しむことに対して消極的になっていることもあります。
アラサー女子は仕事や子育てに大忙しで、オシャレに気を使う心の余裕がなくなりがちです。

そして気付くと、「見苦しくなければそれでいいか」という、手抜きコーデになってしまうのです。

小物使いで地味を回避!

地味カラーの地味アイテムが集まってしまった時の、上手な回避術としては、それら地味アイテムに「小物」をプラスすることが一番簡単です。

特に取り入れやすいのがストールです。買い足すなら、クローゼットに入っていないカにして、コーディネートのポイントにしましょう。
ベルトやクラッチバッグ、ネックレスなど、小さなものにビビッドなカラーを入れるだけでも印象が変わります。

3.ファストファッション

ファストファッションブランドで、流行のアイテムを安く賢く取り入れているつもりが、実は痛いと思われていることも。

全身から漂う激安臭

近年、海外国内のファストファッションメーカーがいたるところに店を構え、今時のデザインの服を激安で購入できる通販サイトも数えきれないほどあります。

もちろん、安くてもデザインの優れた服や、安く見せない服はたくさんあります。
しかし、見る目がなければ、安いとすぐわかる服を、安いからと大量に買い込んでしまうのです。

特に、ぺらぺらとした生地に異様に派手なプリントが施されたワンピースは激安臭のする服として一番よく見られます。

また、大手のファストファッションメーカーの看板商品で全身を固めているのも、オフの日であればまだしも、女友達と会うなどお出かけ着としては「痛い」ですよね。

安く見られないコーデ術を

よほどハイブランドの服にこだわりがあったり、プライドが許さないといったことがなければ、女性のほとんどがファストファッションに関心があるのではないでしょうか。

有名モデルやタレントでも、ファストファッションを楽しんでいる姿をテレビやSNS等で配信している人は多くいます。

つまり、安い服を着ているから痛いのではなく、全身のコーディネートが安っぽいから痛いのです。

ここから抜け出すには、目を養うか、もしくは全身のファストファッション率を100%から下げるしかありません。

トップスをファストファッションブランドの派手プリントカットソーにしたらボトムスはラインの美しいパンツ、ハイブランドのヒールを合わせるなど、バランスを取ると安く見られません。

冷静さ、そしてたゆまぬ努力を

アラサー女子のファッションは、複雑な女心、置かれた環境から、「痛くなりやすい」のかもしれません。

しかし、そんな中でもほとんどの女性が大人の女性としてふさわしいファッションを楽しめているのは、自分を客観的に見られる冷静さを持っていること、そしてオシャレに対するたゆまぬ努力ゆえなのではないでしょうか。

 より転載


アラサーファッションならこちらのサイトがオススメです

大人好みの、品よく、美しく見える ファッション

なのにリーズナブル ちょっと覗いてみてください

30代からの大人の上品スタイルをご提案♪【ティアクラッセ】




大人ごのみの上品コンサバワンピース
やせて見えるカシュクールワンピース
大人を品良く見せるフェミニンカーデ
ふんわりフレアのデイリー・レディワンピース
大人を美しく見せるギャザーワンピース



  





ボートネック
ボートネックとは 本日は女性らしさが引き立つレディースファッションアイテムをご紹介致します。
では今からの季節に活躍が増えていくニット!

ニットの中でも大人っぽくゆるく合わせやすいボートネックニットをご紹介致します。

ボートネックとは「鎖骨ラインに緩やかなに沿って作られたネックライン」のこと。

ボートネック自体、首元が比較的詰まっている部分が特徴です。
 
ですがデザインによっては綺麗な首元・鎖骨ラインを綺麗に魅せる効果がある為、 女性の中で人気のデザインとなっております。

秋・冬に活躍するニットはデザインによっては首元が苦しそうなどと言ったイメージが ある方も多いと思いますが、ボートネックにはその心配はありません。

とても着やすく女性らしさをだせるデザインなのでカットソーやセーター・ドレス など季節を問わず数多くのレディースファッションアイテム内に存在しています。
 
また露出が少ない首元のデザインだから大人女子必見のマストアイテムともなっております。

まだボートネックデザインをお持ちでない方は是非この秋・冬挑戦してみてください。



有名人、著名人、モデル、読モ、ブロガーに愛用者が急増中

 20~30代幅広い女性から絶大な支持を受けております

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*   
おしゃれカジュアルスタイルを提案する   

大人女性にオススメの通販ショップ
(ティティベイト)です。         

  最新トレンドをどこよりも安くお届け!新作15%OFF!

24時間限定の衝撃価格ITEMや、見やすいカテゴリ表示!

  見てて楽しい動きのあるページ♪

キレイ女性にぴったりのITEMをお手頃プライスで!! 

              通販ショップtitivate(ティティベイト)です                     ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*







生脚を見せながらミニスカートやショートパンツを堂々と着こなす、それは女性目線でも憧れる姿ではないでしょうか。
美しい首筋から鎖骨のライン、胸の谷間をちらりと見せるファッションも、TPOを間違えなければ素敵です。

もちろん、肌見せファッションには“男ウケ”というキーワードもはずせません。
デートや合コンでは必ず肌見せファッションを取り入れる、というのは王道を超えた常識です。

肌見せファッションは流行り廃りの関係ない次元にまで、市民権を得ていると思います。
しかし、20代も半ばを過ぎて、アラサーと分類される世代になった時、はたと気づくのです。
「この肌見せファッション、本当に大丈夫?」

肌見せは「若々しさ」の象徴である

筆者自身もショップ店員という職業柄、毎日百人単位の女性を見ていますが、世代ごとに見ても本当に様々なファッションがあるものだと感じます。

ひとくくりにするのも憚られる多種多様性ですが、やはり素肌の露出が多いと感じるのは、十代後半から20代前半の女性です。
ショートパンツ、ミニスカート、寒さ暑さに関係なく、本人も寒い寒いと言いながらも肌見せファッションを楽しんでいます。

やはり、脚など素肌をバーンと出すファッションは、若々しさの象徴なのだなという感想です。

ご注意!“無理してる感”

いつまでも若々しく見られたい…それは女性共通の願いではないでしょうか。
だからこそ、老け込んだファッションには陥りたくないというのも自然な発想です。

ショートパンツやミニスカートをいつまでも着こなせる体型でいたいという自戒もあって、肌見せの多いファッションを好んで選ぶアラサー女性は少なくありません。
しかし、せっかく男ウケも見込んだファッションも、男性目線は案外辛辣です。

筆者と同じアラサー世代の男性に正直な話を聞いてみたところ、アラサー女性の肌見せは、成功していれば“セクシー”、失敗していれば“無理してる感”に分けられるのだとか。

女子大生ファッションに陥っていませんか?

後姿だけ見たらショートパンツにヒールで女子大生かと思ったら、実はオバサンだった…その時男性の心を占めるのが「無理してるな…」という哀愁。

肌見せそれ自体というよりは、寒い季節にショートパンツ、高すぎるピンヒール、ひらひらしたトップスなど、季節を無視した肌見せ、アイテムのセレクトが自身の年代とマッチしているかなど、総合的に見て“無理してる感”になるのだそう。

ショートパンツは一昔前よりも奇抜なファッションというイメージがなく、夏なら世代問わず身に着けているアイテムですが、男性の目は案外肥えているようです。

OKなアイテム、NGなアイテム

アラサー女性の肌見せならば、やはり男性としてはセクシーさを求めたいというのが行きつくところのようです。すっきりとデコルテを出したトップスや、シャツでボタンを2つほど外した状態は爽やかな色気があると好評でした。

パーティーシーンでシックなドレスに谷間がちらり、あるいはスリットで脚を出すなど、“チラリズム”は抜群の支持率です。逆に不評な印象なのが、かわいらしさを強調する肌見せアイテム。


ミニスカートやショートパンツに二―ハイソックス、といういわゆる「絶対領域」ファッションは、アラサーにおいてはその絶対性が揺るぐようで、子供っぽい、無理してる感がすごい、ととにかく不評。


若いファッションが若々しく見せるとは限らない、という締めの言葉に、筆者はなるほどそうだと頷くばかりでした。

このページのトップヘ